災害

特別養護老人ホームに、入居利用されている全員の命を守ること、そして職員全員の命を守る。基本的には、耐火建築である事、避難するルートを不燃性で確保する。避難する方向を一とつでは無く二方向以上に避難するルートを確保する。特別避難階段を二箇所設置する。屋外階段を設置する。各階にバルコニーを設置する。屋内消火設備を設置する。しかし特別養護老人ホームは生活する空間であるから、デザインし日常生活に見ても不自然になら無いよう考慮する。設備を万全にしても訓練をしておく事が大事である。火災編、つぎは地震災害編、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です